• トップへ

素敵なおじいちゃんがわけわからん人に振り回されます。「鑑定士と顔のない依頼人」/ジェフリー・ラッシュ、ドナルド・サザーランド

何かを見に行ったときに予告を見て、お、おじいちゃんが! ってなって見に行きました。TOHOシネマズシャンテE列9で鑑賞。これはねえ、あとからすごいじわじわくる映画でしたね。このブログは基本的にネタバレ全開ですが、今回、ネタバレ部分のことしか書いていません。ご注意下さい。ネタバレしていないのはタイトルだけです。

素敵なおじいちゃんがわけわからん人に振り回されます。「鑑定士と顔のない依頼人」/ジェフリー・ラッシュ、ドナルド・サザーランド
ジェフリー・ラッシュがね、たった一度でも、なんの絵でもいいから、ドナルド・サザーランドが描いた絵を見ていたら、あの絵が屋敷にある時点でなにかに気づくはず…って思うと切ないんですよ。これ、おじいちゃんたちの友情が壊れる(壊れてた)お話なのね。

素敵なおじいちゃんがわけわからん人に振り回されます。「鑑定士と顔のない依頼人」/ジェフリー・ラッシュ、ドナルド・サザーランド

こういった「準備期間がかかり、かつターゲットが身近な人間である復讐もの」を見るとね、復讐する側が、復讐しようと思い立ったときから準備期間をへて実行にうつされるまでの間にも、妬みや憎しみやどす黒い感情が溜まっていっているわけで、それを隠しつつターゲットとは普通に接している、という状況にもう、つらい…って思うんです。ましてや今作はおじいちゃんですからね、余計にね。


ドナルド・サザーランドはいつだって、絵を認めてさえもらえれば、この復讐をやめることができたと思うんです。だから途中で自分の絵について話をしたり「どんな感情も、愛さえも偽れる」と言ったりするんですよ。ヒントは出しているの。最後の、ロンドンでのオークションが終わったあとの一言だってそう。あれが最終通告だったんだ。

でもジェフリー・ラッシュはそれに気づいてなかった。クレアに夢中だったから(夢中にさせられていたから)というのはあるにせよ。

そもそも彼が一番よく一緒にいるのがジム・スタージェスなんですよね。親子以上に年が離れている若者に、なんでも相談してる。プライベートなことでさえ。

素敵なおじいちゃんがわけわからん人に振り回されます。「鑑定士と顔のない依頼人」/ジェフリー・ラッシュ、ドナルド・サザーランド

ドナルド・サザーランドとは仕事上の付き合いだからというのもあったかもしれないが、例えば秘書とジェフリー・ラッシュとの関係とは違うじゃないですか。もっとお互いをわかっていなければできない詐欺まがいのことだし(あれってよくあるのかね、オークションで)。

もしかしたらドナルド・サザーランドは肖像画を全部盗み出すところまでするつもりはなかったかもしれない。自分ですら入れなかったあの部屋に、自分が仕掛けた罠であるとはいえ、自分以外の者が入れてしまった悲しみもあったのではないか。自分は認められていない、受け入れてもらえていない、という悲しみがね。


ラストシーン、プラハでジェフリー・ラッシュが人を待っているんですね、来ない相手を。

偽物の中にもかならず潜んでいる本物の、愛した相手であるクレア」を待っているのかと思ったのだけれども、プラハでのクレアの話は作り話で、ジェフリー・ラッシュはそれをもうわかっているわけだから、もしかしたらドナルド・サザーランドなのかもしれないとも思いますね。おじいちゃんたちに感情移入してますから、そう思ってしまいます。

この物語にはふたつの喪失があって、生涯でひとりだけ愛した相手が偽者だったことと、生涯のパートナーであった相手を認めなかったばかりに失ってしまうこと。

そしてもうひとつ、ドナルド・サザーランドは、復讐をもってのみしかジェフリー・ラッシュに自分を見てもらえなかった、という悲しさがありました。ドナルド・サザーランドの心中を思うとすごくつらいし、ジェフリー・ラッシュが受けた仕打ちの残酷さと、最終的に彼が孤独になってしまう、そもそも自分が本当に大切にするべき人を見失っていたことを、全てを失ってから気づいてしまった、であろうと思われることにね、ラストカットでのわたしの心の沈み具合、わかっていただけるでしょうか。

「鑑定士と顔のない依頼人」ジェフリー・ラッシュとドナルド・サザーランドのおじいちゃんポイント
  • おしゃれ度:星星星星星
  • せつない度:星星星星星
JUGEMテーマ:映画の感想
photo
鑑定士と顔のない依頼人 [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) 2014-08-02
評価

by G-Tools , 2014/04/18

ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

[1]

映画感想*FRAGILE
記事検索

現在91件の記事があります。

最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

映画と人形が好き。一番好きなおじいちゃんはショーン・コネリー。Twitter→ @minowa

おすすめ映画
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページのトップへ▲