• トップへ

おじいちゃんがよぼよぼしながら賞金をもらいにいきます。「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」/ブルース・ダーン

カテゴリー:ブルース・ダーン
TOHOシネマズシャンテ、F-9で鑑賞。おじいちゃんが息子とどっか行く、くらいの前情報でした。おじいちゃん推しだよ! って聞いていたので、それは押さえておかないと! ってかんじですね。

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
副題に偽りあり…まー最近のはやりですので致し方ありません。おじいちゃんと息子がふたりきりで旅に出るわけではないのだった。わりと家族で一緒にいた。副題にぶーぶー言ってもしかたないので、いいです。

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

この映画のいいところは、まず、おじいちゃんとおばあちゃんしか出てこない。いや、若い人も出ては来ますが、だいたい40代前後でしょう。そして、美男美女はいっさい出てこない。むしろ、おもしろ顔まんさい。

家族でおじいちゃんの思い込みに付き合う最中、おばあちゃんがちょいちょい過去のことで嫌味やらなんやら言ったり、息子が知らないおじいちゃんの過去が明かされたりとか、ぴりぴりとした毒っけがあるのがよいですね。

デブのぐうたら息子ふたりとか、みんなで集まっているのにボケーッとテレビ見ているところとか、間のとり方がすごく良かったです。


しかし、キッツいな〜っていうところもあって、まず、おじいちゃんちょっと痴呆はいっているかな? それとも元々こういう性格なのかな? っていうのが判断つかないところ。家族は痴呆扱いしているもんねえ。

それから、おじいちゃんが億万長者になるって周りが思い込む、んでタカってくるところからの、やっぱ詐欺だったんじゃん、バッカじゃねーの、っていうの、あれ、つらかった。

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
わたしね、やっぱりね、おじいちゃんがつらい目に遭うのを見るのは、きっついんですよね。
もちろんラストには『してやったりなのじゃ!』があるのでこちらの溜飲を下げることもできるのです。つらいだけじゃなくてよかったよ、おじいちゃん。

あらためてわたしは、おじいちゃんの魅力について再確認したところがあって、もちろん、ぱりっとスーツ来てかっこいいおじいちゃんも大好きなんですけれども、というかぱりっとしたおじいちゃんが嫌いな人いないと思うんですけれども(思い込みすぎる)、こういう、本人はさほど多くを語らずとも、彼の人生が透けて見えるかんじ、おじいちゃんは産まれた時からおじいちゃんっていうわけじゃ、もちろんないしさ、積み重ねてきた生き方、良くも悪しくもね、それらがあってこそのおじいちゃん、っていうわけです。おじいちゃんのシワには、人生が刻まれておるのだよね。

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」ブルース・ダーンのおじいちゃんポイント
  • がんこ度:星星星星星
  • 寡黙度 :星星星星
JUGEMテーマ:映画の感想

ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

[1]

映画感想*FRAGILE
記事検索

現在91件の記事があります。

最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

映画と人形が好き。一番好きなおじいちゃんはショーン・コネリー。Twitter→ @minowa

おすすめ映画
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページのトップへ▲