• トップへ

クリストファー・リー様と一緒にご飯を食べる妄想短編小説です(食べてない……

 真っ暗な森を歩いています。強い風が吹きつづけ、木の枝がときどき身体に当たります。一本道を進んでいくと森がひらけて、大きなお屋敷がぼんやり見えました。窓からチラチラと光がゆれています。誰か住んでいるのかな。門をくぐり庭へ入ると、思っていたよりも大きなお屋敷が建っていました。壁にはツタが絡まり、屋根は空に届くほど高く、小さな窓がところどころにあります。扉はずいぶんと重そうです。コウモリの形をしたドアノッカーを二回、鳴らしました。音がしない、壊れているのかな。そのとき、扉が内側へ開きました。
 クモの巣が張った大きなシャンデリアが天井から下がり、立てられたロウソクはほとんど消えています。わたしの影は不自然なくらいに濃く長く伸びていました。上の窓から光が見えた気がする。奥の階段はじゅうたんが敷かれて、足音も吸い込まれてゆくようです。影がずっとついてくる。当たり前のことなのに、心臓がどきどきするのを感じます。手すりを握ると、薄くつもっていた埃が舞いました。
 階段は登っても登ってもどこにも着かなくて、やっと通れるくらいの幅になっていました。手すりは消え、左右の壁がせまってきています。戻って別の階段を探そう。ところが、登ってきたはずの階段は、なくなっていました。暗闇がわたしの足をすくいます。落ちてしまう、と思ったとき、誰かがわたしの身体を受け止めました。頬にかかった髪をそっと払う手は氷のように冷たく、わたしは気を失いました。

 どれくらいの時間が経ったのでしょう。わたしは、ふかふかの長椅子に横たわっていました。首筋にすこし違和感があります。触ってみると、ちょっとだけ濡れているようです。ふらつきながら立ちあがり、周りを見渡します。少し離れたところに光が見え、人影が浮かび上がってきました。
 そこには、テーブルと椅子が置かれていて、誰かがチェスをしています。ひとりは、黒いスーツにツヤのあるスカーフをした、少し怖そうな、おひげのおじいさん。ほおづえをついて考えこんでいるみたいです。もうひとりは、濃いグレーのスーツを着た、すごく痩せているおじいさん。チェス盤と、怖そうなおじいさんの顔を交互に見ています。考えこんでいたおじいさんが、何か話しています。痩せたおじいさんは、微笑みながら答えているようです。目の前にいるのに、ふたりともわたしにはまったく気づかないのです。

 後ろに人の気配を感じました。振り返ると、見上げるほどに大きなおじいさんが立っていました。なにも言わずにわたしを見つめています。きっちりと整えられた白髪、襟の立った足首までもある長いマントに蝶ネクタイをしています。骨ばった白い手は杖に添えられていました。おじいさんは片方のまゆげをぴくりと動かして、ゆっくり腕を上げます。長い爪で示された先に、燭台の置かれたテーブルと、椅子が現れました。
 わたしは、椅子に座らなければいけない気がしました。座ってみると、おじいさんは、さっきよりもずっとずっと大きく見えます。おじいさんは少し目を伏せ、マントの中から、ワイングラスとラベルのない瓶を取り出しました。鈍い赤色のワインを注ぎながらわたしに話しかけてきます。でも、その声は聞きとれません。グラスを持つわたしの手が真っ白になっていることに気づきます。口をつけると、生温かく鉄のような味がぴりっとして……これは、ワインじゃない。これは……。

 おじいさんはグラスの中の何かを飲み干し、マントをひるがえしました。その姿は闇に吸い込まれていきます。立ち上がったわたしの手からグラスが滑り落ち、床で砕けたそのとき、テーブルも椅子も消えていました。
チェスをしていたおじいさんたちが、笑い合っているようすだけ見えます。助けて、といくら叫んでも、声が出ません。ふたりはとつぜん笑うのをやめ、同時にゆっくりとこちらを向きました。その顔に表情はなく、ただ、わたしを見ています。ふたりもわたしも動いていないのに、距離だけがどんどん縮まっていきます。
 おもわず逃げようとして転びそうになったわたしの身体を、誰かがそっと抱き上げました。あふれてくる涙でぼんやり歪んで見える誰かの顔。それはさっきの、大きなおじいさんでした。こぼれ落ちる涙を、冷たい手がぬぐいます。
 耳元で、おだやかな低い声がささやきました。

「……そろそろ、夢から醒める時間だね……」

JUGEMテーマ:映画
  • トップへ

リー様のトレーラーふたつ

リー様ショックから未だ立ち直れていません。こちら両方とも、遺作と紹介されていました。



ANGELS IN NOTTING HILL
imdbのステータスはcompleted。なので公開はまだ先と思われます。天使がなんか大変らしい。みたいな。話がよくわからないですね。リー様は神様役です。うう。トレーラーのラスト、声が出た。涙も出た。うう……。

Extraordinary Tales Official Trailer from Film Fund Luxembourg on Vimeo.


Extraordinary Tales
エドガー・アラン・ポー原作のアニメ、5本。どう見てもヴィンセント・プライスのキャラが!
声優は、リー様、ロジャー・コーマン、ギレルモ・デル・トロ、ベラ・ルゴシ(フッテージ)と豪華。あと、ジュリアン・サンズ。彼が出ている映画は『アラクノフォビア』『ボクシング・ヘレナ』『リービング・ラスベガス』『ドラゴン・タトゥーの女』しか見ていないですね。
こっちはソフト欲しいなあ。公開はしなさそう。

JUGEMテーマ:映画


  • トップへ

みんなー! サルマン様が戦ってるよー!「ホビット 決戦のゆくえ」/クリストファー・リー

ホビット」シリーズ完結しました、お話についてはね、こちらに書いております。

さてさてさてさて! サルマン様です! サルマン様!
ホビット 思いがけない冒険」では一生懸命話してるのにガンダルフにガン無視されていたサルマン様! 今回は、ガンダルフ危機一髪のときに現れました! キャー! 素敵!

みんなー! サルマン様が戦ってるよー!「ホビット 決戦のゆくえ」/クリストファー・リー
助けに来ました! 立っています! 最近、座っているか寝ているかだけだったクリストファー・リー様が、立っています!

みんなー! サルマン様が戦ってるよー!「ホビット 決戦のゆくえ」/クリストファー・リー
戦います! 強いです! 白の魔法使いなめんなよ亡霊どもめ!

みんなー! サルマン様が戦ってるよー!「ホビット 決戦のゆくえ」/クリストファー・リー
しかしガンダルフは死にかけているのでガラドリエル様に看病されていました。ガーン。
今回もガンダルフにガン無視されてしまうサルマン様。

みんなー! サルマン様が戦ってるよー!「ホビット 決戦のゆくえ」/クリストファー・リー
ちょっとサウロンの様子見てくるのじゃ
ああああダメえええええサルマン様ダメえええええそっちダメえええええ!!

みんなー! サルマン様が戦ってるよー!「ホビット 決戦のゆくえ」/クリストファー・リー
一方、ガンダルフも「ほんとにヤバイのじゃ、ヤバイのじゃ」と訴えるものの、「じじい…」とか言われて(言ってない)無視されています。おい! こら! 老人の言うことは聞きなさい! って、エルフの年齢わからないんだった。

みんなー! サルマン様が戦ってるよー!「ホビット 決戦のゆくえ」/クリストファー・リー

もうひとりのおじいちゃんラダガスト。もっふもっふだよ。動物を引き連れて助けに来るよ!
キャー! 素敵!

と、おじいちゃん登場シーンはどこもかしこも全部、うっはうっはしておりました。

ビルボが呆然としているとき隣りに座ったガンダルフがパイプに火をつけようつけよう、つかないなあ、チラリ、なんてビルボ見るところかわいい。ビルボが最後の最後まで嘘ついてるのわかってるのとか、いいよね。そして最後に「お久しぶりー」ってやってくるの。あー、「ロード・オブ・ザ・リング」見返したくなるねえ!


「ホビット 決戦のゆくえ」クリストファー・リーとイアン・マッケランのおじいちゃんポイント
  • がんばり度:星星星星星
  • 無視され度:星星星星星
JUGEMテーマ:映画
  • トップへ

「ロード・オブ・ザ・リング」メインのおじいちゃんは、ガンダルフかサルマンか/クリストファー・リー、イアン・マッケラン

はたして「ロード・オブ・ザ・リング」において、メインのおじいちゃんはガンダルフなのかサルマンなのか?  「『ロード・オブ・ザ・リング』の魔法使い」と言ったとき、人はガンダルフとサルマンのどちらを先に思い浮かべるのか? という疑問がわきあがり、わきあがった瞬間に「でもまあ、『二つの塔』のラストでおろおろしている様子がちょうかわいいから、サルマンでいいよね!」と結論を出してしまったのでした。おろおろしているかどうかでメインが決まる画期的なシステムです。

ロード・オブ・ザ・リング/The Lord of the Rings
ただ、「王の帰還」で早々に退場してしまうサルマンは「ロード・オブ・ザ・リング」全体のメインとは言いづらい。「旅の仲間」と「二つの塔」のメインおじいちゃんはサルマンで、「王の帰還」のメインおじいちゃんはガンダルフとするのが公平でしょうね。いや、しかし、「旅の仲間」の最初で楽しそうなガンダルフとか、「二つの塔」で復活してえらそうなガンダルフも捨てがたい…。

そういえばわたし、「王の帰還」は映画館で見ていないんです。映画館で見ていないどころか、一昨年まで見ていませんでした。理由はひとえにサルマンが出ないから…。お気に入りのおじいちゃんが出ないことと、物語の結末を見ることを天秤にかけ、おじいちゃんを選んだというわけです。別にサルマン出なくても見りゃいいのにさ(笑)で、一昨年、3部作一気見したら超おもしろかったので、見てよかったなーって思いましたね。

ロード・オブ・ザ・リング/The Lord of the Rings
旅の仲間」いちばんの見せ場である、おじいちゃんVSおじいちゃん!
おじいちゃんがよろよろ戦うよ! が、がんばれー! ガンダルフの杖を奪ったり、くるくる回したりといやがらせするサルマンなのでした。

イアン・マッケランはこのころまだ60代なのでともかく、クリストファー・リーは80歳になったくらいなのにこんな、無茶を、させて! もう! 吹っ飛ぶところとかはボディダブルだろうけどさー。

サルマンが「指輪ほしい!」って思わなかったら、この2人はずっと仲良くしていられただろうにな〜と思うとせつないですが、白い長髪でヒゲの魔法使いおじいちゃんはひとつのパーティーに2人もいらんのだよと思う人もいるでしょうから、しょうがないですね。

ロード・オブ・ザ・リング/The Lord of the Ringsサルマン様の悪い顔! もう完全にダークサイドに堕ちていますよ。

ガンダルフもサルマンも、まゆげがくるっとしているんだよね。メイクで増やしているのかどうかはわからないけれど(たぶんイアン・マッケランは増やしていると思うけれど)、眉毛にドライヤーあてられて、くるっとしたのかなーって思うとかわいいよねえー。
ロード・オブ・ザ・リング/The Lord of the Rings

そしてちょうおろおろするサルマン様! か、かわいい! おろおろ! なんでエントがここにいるの?! なんでこんなに強いの?! ど、どうしよう〜

王の帰還」のサルマンの最期、ここまで来てもまだ偉そうなことを言い蛇の舌に刺された上、水車でぐるぐるされてかわいそう…。ガンダルフと解りあえればよかったのにネ…。


ロード・オブ・ザ・リング/The Lord of the Ringsそういえば「二つの塔」はエントおじいちゃんたちもちょうかわいくていいよね〜。話し合いは長いのに、一度怒ったら手が付けられないよ。ドスドス歩くよー。あるくよー。火をつけられてしまったエントが、ダムの水で消すところかわいいんだ。
ロード・オブ・ザ・リング/The Lord of the Rings復活のガンダルフ。白くなって、偉くなりました。えへん。灰色のガンダルフ? 誰のこと? 今のわしは、白のガンダルフなのじゃよ。

魔法使いだけれど、剣で戦ったのじゃ。大変だったのじゃよ。ちょっと死んでた。宇宙とか見ました。でも生き返ったのじゃよ。えへん

え、え、えっらそーう! かわいいな〜。おじいちゃんは、長く生きているっていうだけで、いばっていいことになっているんです! 長く生きているばかりか、一回死んで戻ってくるとかちょうえらいし。
ロード・オブ・ザ・リング/The Lord of the Rings

そして目を開けて寝るガンダルフ。こわいでしょ(笑
ピピンはこのあと絶対怒られると思っただろうね。怒られなくてよかったけれど、みんなの前で「ピピンはバカなのじゃ」って言われちゃったね。


でもそのあと、むせるガンダルフに水を渡してしゃべったりしてさ、おべっかも使うよ。ピピン、かわいいやつめ。とガンダルフも思っていたに違いないね。最終的にはピピンとめっちゃ仲良くなってたし。

というわけで、「『ロード・オブ・ザ・リング』メインのおじいちゃんは、ガンダルフかサルマンか?」問題、答えは出なさそうですよ。

ところで、ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジーBOXが来月発売とか…。特典どうなっているんだろうね。

「ロード・オブ・ザ・リング」クリストファー・リーとイアン・マッケランのおじいちゃんポイント
  • 白い度:星星星星星
  • 長髪度:星星星星星
  • えらそう度:星星星星星
  • おろおろ度:星星星星 ※サルマンのみ
JUGEMテーマ:映画の感想
photo
ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジーBOX【Blu-ray】
ピーター・ジャクソン
ポニーキャニオン 2011-11-25
売り上げランキング : 1286
評価

by G-Tools , 2011/10/06

ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

[1]

映画感想*FRAGILE
記事検索

現在91件の記事があります。

最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

映画と人形が好き。一番好きなおじいちゃんはショーン・コネリー。Twitter→ @minowa

おすすめ映画
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページのトップへ▲