• トップへ

ジョン・リスゴーが、こんなにかわいいおじいちゃんになるなんて!「猿の惑星・創世記」/ジョン・リスゴー

カテゴリー:ジョン・リスゴー
バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー」「クリフハンガー」などで悪役を演じてきた(ほかにも悪役はあるでしょうがわたしがあまり見ていなくて…すみません)ジョン・リスゴー。この人、わたしにとっては人殺しのイメージしかなかったのです。

まさか「猿の惑星・創世記」では、こーんなにまるっとした、かわいらしいおじいちゃんになっているなんてまったく知らず(予告はまともに見ていなかったから出演していることすら知らなかった)、こりゃたまらん! あ、今回、ジョン・リスゴーについてはネタバレしていますんでよろしくお願いします。というかこちらのブログでは基本ネタバレでよろしくお願いします。

猿の惑星・創世記
はわわあ

猿の惑星・創世記

ほっぺたがたぷっとしちゃってかわいいね! おめめがくりっとしちゃってかわいいね! 何もわからなくておろおろするおじいちゃん、わかんないのにわかってるって嘘をついて呆然とするおじいちゃん、「猿にミルクくらいはやれるのじゃ」ともたつくおじいちゃん、「病気が、治ったのじゃ!」と目をキラキラさせるおじいちゃん、ピアノを嬉しそうに弾くおじいちゃん、車の運転の仕方がわからなくて前にぶつけたり後ろにぶつけたりおろおろしまくるおじいちゃん、なにがなにやらになって暴れちゃうおじいちゃん、


猿の惑星・創世記

フォークの前と後ろの区別がつかなくてチンパンジーに直されてしまうおじいちゃん、パジャマのまま外に出ちゃうおじいちゃん、隣の家に入り込んだチンパンジーをおろおろかばうおじいちゃん、チンパンジーとおろおろ抱きあうおじいちゃん、おお、おじいちゃんおじいちゃん。

赤ちゃん猿を初めて見た時の、孫を見るような嬉しそうな顔かわいいね! ベッドに横たわれば顎が三重くらいになっちゃってるし、最期には「もういいのじゃ…薬はもういいのじゃ…わしはこのまま死ぬのじゃよ…」とふるふるしたりして、ああ、かわいい。実際介護するとなったら大変だが、映画だからいいのだよ。


おじいちゃんに、ふかしたおいもを食べさせてみたいよ! きっとたぷっとしたおくちをもぐもぐして、両手で持っちゃってさ、あちちとか言って、ぽくぽく食べるに違いないよ。ああ、かわいい。そりゃーこんなかわいいおじいちゃんがお父さんだったら、ジェームズ・フランコもお父さんのために新薬開発しますよ! こんなにかわいいうえに聡明で才能があって尊敬できたお父さんがアルツハイマーになって苦しんでいたら、そりゃ助けたいよ! っていうか、なんでおじいちゃん写真があまり落ちていないのよー! バカー! 今回の「猿の惑星」人間キャラでいちばんいいのはおじいちゃんだよ!

ジョン・リスゴー

これは「クリフハンガー」でのジョン・リスゴー。スタローン先生をひどい目にあわせたりしてひどいやつだった。…改めて見ると、おくちのあたりのたぷっと感はすでにあったのだな…。


ジョン・リスゴー

それがさー、なんですかこれはー! なんですかねこの写真はね? 80年代のアイドルですか? どういうつもりですか? 一体何があったんですか? なぜ今までわたしはジョン・リスゴーがこんなにかわいこぶっていることを知らなかったんですかね? いやそれは単にノーチェックだったからなんですけれども、だってまさかこんなことになっているなんて思わないじゃないですか…。

しかもここ10年くらいは「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」「愛についてのキンゼイ・レポート」「お買いもの中毒な私! 」「デクスター 警察官は殺人鬼」など、タイトル見ただけではわたしは見ない種類の映画(とドラマ)にしか出ていないんですよ…。そんなの、知らなくて当然だよね…。


しかもまだ65歳(今月で66歳だよ!)なので、ジョン・リスゴーのおじいちゃん人生はまだまだこれからってことですから、わたし、今後はジョン・リスゴーによりいっそうの注意を向けていこうと思います。あと、悪役の映画ももっと見るよ。

「猿の惑星・創世記」ジョン・リスゴーのおじいちゃんポイント
  • かわいい度:星星星星星
  • おろおろ度:星星星星星
  • よぼよぼ度:星星星星星
  • きらきら度:星星星星
JUGEMテーマ:映画の感想

ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

[1]

映画感想*FRAGILE
記事検索

現在91件の記事があります。

最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

映画と人形が好き。一番好きなおじいちゃんはショーン・コネリー。Twitter→ @minowa

おすすめ映画
リンク
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページのトップへ▲